婚約指輪の購入について

婚約指輪の購入の際の知っておくべき情報をお伝えします
未分類

婚約指輪の購入について

2017年9月12日

昔から婚約指輪は給料の3か月分と言われますが、某プライダル誌の調査によると、婚約指輪購入の平均価格は39.4万円で、40万円未満の回答項目を選択したカップルの割合を合計すると61.2%となり、半数以上が40万円未満の婚約指輪を購入したという結果になっています。かつての高度経済成長期やバブル期とは異なり、堅実的な値段となっているようです。

カラットでは実際にどのような婚約指輪を購入されているのでしょうか。婚約指輪に決まった形式はありませんが、実際にダイヤ付きの婚約指輪を購入した人のうち、41.5%がソリティア、42.8%がメレ、9.1%がパヴェ、5.0%がエタニティを選択しているとのデータがあります。素材においては、プラチナがダントツ人気です。ダイヤモンドの品質は、一般的に4Cで評価されますが、中でも大きさを表すカラットと輝きを図るカットが分かりやすいです。大きさにおいては0.3カラットが最も人気で、カットは円形に仕上げるブリリアントカットが一番人気です。ブリリアントカットは定番ですが、ダイヤの魅力を最大限に引きだす形とされ、中心から放射状に輝くのが特徴です。

最近では、婚約指輪をもらった女性側もお返しとして男性に贈り物をする習慣もあります。同等のものをお返しするというのであれば、あまり高価な指輪をいただくとお返しの負担も大きくのしかかってきます。実際どういったお返しがされているのかと言うと、約4割が腕時計、3割がスーツなどの洋服類を新調し、お返しとしているようです